今大豆が大注目!美容と健康の強い味方大豆「イソフラボン」!

美容

今大豆が大注目!美容と健康の強い味方大豆「イソフラボン」!

大豆は健康や美容に良いと言われています。
特に女性に嬉しい成分がたくさん含まれているため、
多くの女性が大豆を摂取しているのではないでしょうか。
しかし、大豆を自宅で炊いて食べるのが大変なため、
市販されている大豆製品に頼っているというのがほとんどだと思います。
実は大豆製品全てが大豆の栄養素などをそのまま含んでいるというわけではありません。
一般的な大豆製品の特長を知り、
どう摂取すれば健康や美容に効果があるのかを知らないと、
せっかく食べていてもあまり効果が期待できないということもあります。

出典 http://josei-bigaku.jp

大豆に含まれているイソフラボンの健康効果はよく知られています。
美肌効果やPMS(月経前症候群)の症状の軽減、更年期障害の改善など、
女性の身体にも嬉しい作用がたくさんあります。
しかし、身体への作用が大きいことから、
摂取には少しだけ注意が必要です。
イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」様の作用をします。
このことから、女性ホルモンの減少が原因とされる更年期障害の改善や、
もうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」が引き起こすとされる、
PMSの症状を軽減してくれます。
また、エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれ、
皮脂を抑えてニキビなどの肌トラブルを防ぎ、
お肌をみずみずしく保ってくれますが、
イソフラボンにも同じような働きがあるので、美肌効果も期待できます。

出典 http://www.skincare-univ.com

大豆製品は女性にとって良いと言われています。

エストロゲンがあるからですが
エストロゲンの働きは

子宮の働きを助ける
骨を丈夫にする
お肌のハリを出す
自律神経を整える

といった働きがあります。

更年期以後の生活を豊かにする天然成分

我が国は、いまや世界一の長寿国となっています。
長寿がもたらされた要因はいろいろ考えられますが、
特に注目されているのが日本の伝統的な食習慣、
すなわち米、魚介類、大豆食品を主体とした和食です。

バストアップに効果的な大豆イソフラボンの摂取量ですが、
大豆イソフラボンは摂取しすぎてもいけませんし、
摂取量が不足しすぎてもいけません。

食品安全委員会などの機関によると過剰摂取は体に悪影響を及ぼすこともありますので、安全な一日の摂取目安量の上限は70~75mgで、一日に上乗せ摂取量の上限値は30mgとしています。

イソフラボンの健康効果

ダイエット効果
大豆はには良質なたんぱく質が豊富に含まれています。
大豆の約3割がたんぱく質です。
タンパク質というのは身体の筋肉を作るために必要な成分で、摂取すればリバウンドのない健康的なダイエットが可能です。

女性ホルモンの補給
大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあり、ホルモンバランスの乱れを整えてくれます。
大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が腸内に入り、代謝されることで「エクオール」を作り出します。
このエクオールは、大豆イソフラボンの女性ホルモンのエストロゲンに似た働きと違って、女性ホルモンと同じ働きをします。

生活習慣病予防
大豆レシチンは血管内の余分なコレステロールや老廃物を排出してくれます。
血管内のコレステロールを排出することで動脈硬化といった血管の老化現象を抑えることもでるので、
動脈硬化から起こる心臓病や脳卒中といった病気の予防にもなります。

便秘解消
大豆には食物繊維、特に不溶性食物繊維が多く含まれていて、不溶性の食物繊維には便秘解消の効果があります。

1

関連記事

ピックアップ!



カテゴリー

月別アーカイブ