「夜食」は健康に悪い!?「夜食」について一考!!

健康

「夜食」は健康に悪い!?「夜食」について一考!!

夜食が健康に悪い理由の1つ目は、
夜食を食べると寝ている時に血糖値が乱高下することです。

夜食が健康に悪い理由の2つ目は、
夜食を食べると太ることです。
夜食は脳機能にも影響を及ぼします。

夜食が太りやすい理由は、
夜は代謝が抑制される
エネルギーよりも脂肪になりやすい
食事によるエネルギー消費も低い

というような理由で夜食は太りやすい
ですから反対に
低カロリーの食べ物
消化の良い食べ物
温かい食べ物
(冷たい食べ物は胃に負担をかけて胃の働きを低下させる)
のような食べ物が良い。

悪い食べ物としては、
油分が多い食べ物
香辛料を多く含む食べ物
(胃腸に大きな刺激となるので消化に影響が出る)
食物繊維の多い野菜
(消化が悪い)
などが挙げられます。


ダイエット中のクライアントから「あの、どうしても夜遅くにお腹が空いたら、
どうすればいいですか?やっぱり、何も食べない方がいいですよね?」と、
どことなく後ろめたそうに聞かれることがある。
身内だったら「うん、食べちゃだめ」と答えるところだが、
食事カウンセラーとしては全力で拾いにいかなければならない。

これなら夜に食べても大丈夫ぎりぎり許される食事です、
と声を大にしておすすめできるものはない。
もしも「野菜スープ」といっても、それをできる人は少ないと思うし、
仕事が終わった後に野菜スープを食べたいと思うビジネスマンにもなかなかお目にかかれない。
となると、ぎりぎり許される食べ方をしてほしい、ということになる。

出典 http://diamond.jp

絶対にやめるべきなのが夜食です。

夜食を食べてから寝ると、
脳が睡眠に入っても胃腸は働き続けるため安眠ができず、
翌日に疲れを残すことになります。

寝る3時間前には食事をやめるとよいという結果が出ています。
例えば、夜12時に寝る人は9時までに食事をすませるとよい。

帰宅時間が遅くなったときなどは2時間前が限界です。
そのときは消化のよい食べ物にしましょう。
2時間前がどうしてもムリというなら、
晩ごはんは抜いた方が体によい。

一般的に、夜遅く食事をとると太りやすくなると言われていますが、
それはなぜなのでしょうか?
「主な理由は2つ。1つは成長ホルモンの分泌に関係があります。
食べたものを体が消化するには、少なくても2~3時間必要となります。
でも、夜遅くに食事をとると胃の中に食べ物が入ったまま寝ることになり、消化がしっかりと行われず、
本来なら寝ている時に出る成長ホルモンの分泌が抑制されます。
成長ホルモンは、筋肉や骨の形成、脂肪の燃焼を促したり、
免疫機能を正常に保つなど、
健康な体作りや美しい健康的な体のためには欠かせないホルモン。これが分泌されにくくなるため、太りやすくなるのです。
もう1つの理由は、
ビーマル・ワンという脂肪の合成を促すたんぱく質の存在。
ビーマル・ワンは時計遺伝子の1つで、午前2時に脂肪吸収率が最も高まると言われています。夜遅くとった食事が消化されきらず、
脂肪の吸収が高まって太りやすくなるのです。

出典 http://fytte.jp

夕食はできれば寝る3時間前、
遅くとも21時頃までに食べ終わるのが理想的。
炭水化物や脂肪の多いものは、胃での停滞時間が長い食品なので、
夕食の時間がかなり遅くなってしまうようなら、
あらかじめ炭水化物がメインのものを食べておいて、
後で夜食を食べるのも1つの方法。とはいえ、
お菓子など栄養価の低いものではなく、
おにぎりやダイエットバーなどできるだけ不足する栄養素がとれるようなものを選ぶのがかしこい選択です。

出典 http://fytte.jp

夜食について

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



カテゴリー

月別アーカイブ