あまり知られていないが知って驚く「りんご」のすごい健康効果!

健康

あまり知られていないが知って驚く「りんご」のすごい健康効果!

代表的なりんごの種類5つ

ふじ(サンふじ)
国内における生産量、人気ともにNo.1の品種です。
サンふじのサンとは太陽の事で、太陽をいっぱい浴びて作られたリンゴがサンふじ
太陽を浴びていないわけではないのですが、袋で保護して育てられたリンゴがふじです。サンふじは袋で保護されていません。

つがる
薄い紅色(ピンク色)と強い甘味が特徴で、
「つがる」はあくまで品種名ですので、収穫場所が津軽地方とは限っていません。

王林
黄味がかった緑色という酸っぱそうな外見と違って、
果汁が多く甘味も強いりんごです。

紅玉
アメリカ原産のりんごでりんご本来の味がし、
アップルパイなどのお菓子はこのりんごで作られています。

ジョナゴールド
交配種が紅玉であり、非常によく似た品種です。
ジュースやお菓子は主にこのりんごで作られています。

りんごの取れる時期

りんごの取れる時期

出典 http://www.applekyowa.com

りんごの約85%は水分からなり、カロリーも100gあたり54kcalと少な目です。
では・・・残りの約15%には、どのような栄養素が含まれているのでしょう?まず、体内の塩分を排出してくれる"カリウム"があげられます。
実際に『りんご消費量』トップの青森県では高血圧の人が少ないとか。
また、皮には『食物繊維』も多く含まれています。
腸の働きを活発にするだけでなく、消化吸収を助ける効果もあるのでりんごは皮ごと食べるようにしましょう。他にも、疲労回復に効果的な"有機酸"や"ビタミンC"などが含まれています。
3種の糖分(果糖・ブドウ糖・ショ糖)も含まれていて、そのうち果糖には冷やすことで甘味が増す効果もあるとか。りんごは栄養と甘味を兼ね備えた、いわば"果物の王道"といえるでしょう。

出典 http://www.ringomuseum.com

りんごは、シャキッとした歯応えと程よい酸味&甘さが味わえる果物です。
生食はもちろん、加工品として食されることもあります。
りんごを使った加工品といえば・・・ジュースやアップルパイ、
ジャムなどが有名です。
また、カレーなどの煮込み料理に用いられることもしばしば。
カレーに関しては、旨味を引き出す"隠し味"として用いる人が多いそうです。
また、
りんごは"医者要らず"という異名が付けられるほど体にいいとされています。
観賞用の品種もあり、目&口の両方で楽しめる果物といえるでしょう。

出典 http://www.ringomuseum.com

りんごは夏の終わりから秋にかけて成熟する果物ですが、
スーパーなどでは1年中りんごを見かけますよね。
これは、「CA貯蔵法」という技術でりんごを仮死状態にして長期保存しているからです。
家庭で保存すると、
おいしく食べられる期間はせいぜい1~2週間程度ですが、
CA貯蔵法だとりんごの呼吸を抑制することで鮮度を保ったまま半年以上も保存できるのです。

出典 http://www.kudamononavi.com

りんごの効能

血液さらさら
一日一個以上のリンゴを食べる事によって、
血がさらさらになる効果が期待されるます。

虫歯予防
アップルフェロンという成分が入っていて、
虫歯予防の効果が期待されます。

整腸効果があります。

肺ガンのリスクを軽減
りんごを多くさん食べると肺ガンになるリスクを58%軽減することが期待され、
すべてのガンになるリスクを113%減らせることが期待されています

カリウムが含まれていて
コレステロールと血圧が下がり、心臓病や脳卒中の予防にります。

りんごの効能

出典 http://kangiken.net

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



カテゴリー

月別アーカイブ