健康と「ゼオライト」の関係について!!

健康

健康と「ゼオライト」の関係について!!

ゼオライトについて

800年以上も前から人々の健康のために使われてきただけではなく、日本でも古くから使用され、 “貴重なもの” として正倉院にも保管されていたことが知られているゼオライト。

ゼオライトは、溶岩と海水が混ざり合い、何千万年の時を経て形成された天然の鉱物で、長年に渡り、空気や水、土などに含まれる不要な物質を吸着・除去し、浄化させる目的にも活用されていきました。

よく知られているところでは、「ディーゼル排気粒子フィルター」、「業務用や家庭用の浄水器や空気清浄機のフィルター」、「脱臭乾燥剤」、「海水の浄化装置用フィルター」、「水槽のろ過材」、「畜産用飼料添加物」、「園芸用資材」、「高機能マスク(ゼオライトマスク)」、「歯磨き粉」にも配合されるなど、様々な分野において活用されているので、ゼオライトという名前を聞いたことがあるという方は大勢おられることと思います。

出典 http://www.l-trust.jp

ゼオライトという名称は、成分に含まれている水とアルミノケイ酸骨格との結びつきが弱いため、加熱すると容易に水を分離して沸騰しているように見え、このことからギリシャ語の zeo(沸騰する)と lithos(石)を合わせて名付けられた。1756年、スウェーデンの鉱物学者Cronstedtがアイスランドにて火山岩の調査中に発見し、命名したとされる。

沸石は微細なものも含めると、火成岩、堆積岩、変成岩のすべてにおいて非常に多様な岩石に含まれている。産出地は沸石水として結晶の中に水がたくさん含まれていることからわかるように、水に富んでいる環境であることが多い。また、概して沸石は-100℃程度の比較的低温の熱水から晶出する。

そのような地質環境が実現する主な場所としては、溶岩と水が相互作用する場所(温泉地帯、枕状溶岩など)や、ペグマタイト鉱床での末期の生成物、さらには岩石の隙間に地下水が浸入する場所、などが挙げられる。
特に溶岩と水が相互作用する場所では、大きな晶洞が生じやすく、良質で美しい鉱物標本を多産することがある(インド中部のデカン高原など)。
日本も北海道、東北、北関東、中国地域などで豊富に産出され、特に島根県などが主な産地である。

出典 http://ja.wikipedia.org

「ゼオライト」とは沸石類と呼ばれる鉱物の総称です

ゼオライトの必要性や有効性 

ゼオライトには天然物と人工物があります

「天然ゼオライト」

火山岩が凝固してできた鉱物つまり、
遥か昔火山活動によって生じた火山灰が海底や湖底に堆積し
地下深く高圧下して水の存在により変成して形成された鉱物です。
主な成分はシリカ(二酸化ケイ素)とアルミナ(酸化アルミニウム)です。

「人工ゼオライト」

人工ゼオライトで郷土を再生

「石炭灰」などのゴミと考えられていた物質を処理することで、
地球と人類に有益な「ゼオライト」に変える。
しかも低コストであるため、現在、大きな注目を集めています。

ゼオライトサプリメント

水素を身体にとりこむ方法は水素水であることはご存知だと思います。
水分中の水素を飲んでとりいれます。
しかし水素分子は非常に小さく、すぐに空中に消えてしまう性質があるため、ペットボトルのようなパッケージではすぐに消失してしまいます。

水素を発生させるゼオライトをとりいれることで、
「体内で水素を発生させる」ことになります。
つまりゼオライトの状態でとりこむことで、「無駄なく取り込む」ことができます。

水素の力

水素の力は、簡単に言うと還元と、抗酸化作用です。

人間の身体の老化は、酸化と結びついていますので、
これを防ぐことで、「命のバリア」ができるのです。

つまり細胞を水素が守ってくれるんです。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



カテゴリー

月別アーカイブ