健康と「塩分」の取りすぎについて一考!!

健康

健康と「塩分」の取りすぎについて一考!!

一日の食塩摂取量の目安

健康な男性       8.0g未満

健康な女性       7.0g未満

高血圧の治療を要する人 6.0g以下

腎臓疾患者の人     3~6g以下

世界保健機関(WHO)   5 g

日本人の塩分摂取量は、実は世界的に見ても高水準なのを知っていますか?
なんとか摂取量を減らして生活習慣病を予防しようと、厚生労働省は2015年度から数値目標を今より1g下げて、より一歩踏み込んだ対策に乗り出しました。
先日NHKの番組「クローズアップ現代」でも取り上げられて話題になりましたが、いま、世界各国で減塩政策が進んでいます。
そんな中、米国医学研究所(IOM)から、「塩分摂取の数値目標にはエビデンスがない」「塩分量を制限しすぎることで健康に悪影響」などの見解が発表され、波紋が広がっています。

出典 http://www.kango-roo.com

高血圧の予防(塩分制限)

塩分が多いと現れる症状

1・.のどが渇く

2・血圧が上がる

3・むくむ

現代医学、現代栄養学は減塩をしないと高血圧になるといって、塩分控えめに!と指導していますね。しかしこの塩=高血圧という図式は大きな誤り。今まで、「塩」といえば=悪いもの。だから、減塩しなければいけない。と言われてきました。しかし、それは専売公社の食卓塩(=精製塩=食品ではなく、化学薬品です)に関して当てはまることであって、実際は、いい塩であれば健康にとても欠かせないものいものです。お塩が不足するとミネラル不足によって、無気力、息切れ、動悸、食欲不振、低血圧、アトピーがあることをご存知でしょうか?以下考えられます減塩による症状をあげてみます。

出典 http://roop119.com

食事で生活習慣病の予防を塩分から考える

日本人の約3分の2が生活習慣病で亡くなっていると言われている。

予防はまず食事から!

生活習慣病と塩分について考えましょう。

健康塩分計

体内の塩分は絶えずチェックしよう!

手軽にチェックできる塩分チェックアイテムがあるよ!

これは台紙を外したら簡単に取り出せて、

電池をセットするだけ!

「塩分は控えめに」「塩分の摂りすぎは、高血圧、心臓病や脳卒中の原因」という注意は、常識になってきましたよね。でも、具体的には1日どれくらい控えればいいのでしょうか?世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムとしていますが、米国では心血管疾患の予防のためのガイドラインは、塩分の最大摂取量が1日3.8~6.0グラムとなっています

出典 http://style.nikkei.com

健康塩分計

出典 http://nelog.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!



カテゴリー

月別アーカイブ